スポンサーサイト

.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

小さな お手伝い

.29 2011
東日本大震災から 2週間以上が過ぎました。
日々テレビから映し出される被害の大きさに
言葉もなく胸が苦しくなります。
亡くなられた皆様のご冥福を 心からお祈りするとともに
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
そして一日でも早い復興を願わずには いられません。

阪神淡路大震災の時 兵庫県に住んでいた私達
息子が4歳、娘が1歳になったばかりでした。
明け方 「あれ?地震」と思うと同時に
生まれて一度も経験した事のない大きな揺れに
側に寝ていた子供達を 主人と一人ずつ抱え
動く事も出来ず ただ揺れがおさまるのを
待つしかありませんでした。

その後 何度も続く余震
昼間は主人も仕事なので 子供達と3人
余震が来るたびに「早くこっちにきて!」と
呼び寄せたり
いつでも すぐに飛び出せるように
夜も 熟睡できず パジャマを着る事もずいぶん
長い間 ありませんでした。

そして同じ兵庫にある 生まてれ育った実家の周りの
お家も 全壊や半壊で 新しく建て直され
町並みもずいぶん変わり なんとも言えない寂しい気持ちに
なったのを 覚えています。

今回は 地震・津波・放射能と
私の経験した地震とは 比べることの出来ないくらい大変な事態ですが
被災した時に 同じ小さい子供を持っていた母として
節電や募金はもちろんの事
何かお手伝い出来る事はないかしらと思っていましたところ

「被災地の子供達に 手作りが出来る私達で手作り品を」というボランティアを
見つけました。
新入生の子供達や 在学中の子供達に
お道具バック・靴袋・体操服袋・巾着など・・手作りするそうです

もし どんなボランティアかなと思われた方がありましたら
Mymamaさんです

4月17日までなので たくさんは出来ないと思いますが
小さなお手伝いを頑張りたいと 思います。





スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

kei H

Author:kei H
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。